×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疲れの取り方

疲れの取り方で重要なのは、睡眠です

疲れの取り方は、ベットで熟睡すること

熟睡できていますか?

疲労回復には、適切な栄養補給も大事ですが、
身体を、最適な状態へとリセットしてくれるのは睡眠です。

熟睡できない状態が続くと、やる気が起きないばかりか、
集中力も低下し、注意散漫になってしまったり、
体調が悪くなってしまう事も少なくありません。


熟睡できる環境作りに選ばれているのは、
低反発マットレスです。

今お使いの寝具に敷くだけで、とても経済的です。

テレビショッピングでも人気の、安眠マットレス。

疲れが取れないのは、睡眠の取り方に問題があります

寝返りが多いと、熟睡できない

ご自分が寝ている状態を思い出してください。

一晩に、寝返りを何回していますか?

寝返りは、血行を促進するために身体が起こす、防御本能です。
自分では気づかないうちに、覚醒しています。

寝返りの回数だけ、睡眠中に起きているということです。

 

朝起きた時に、スッキリと目覚めてられていますか?

朝、目覚めた時に、身体が重くて調子が悪かったり、
昨日の疲れが残っていたりするのは、熟睡できていない証拠です。

 

熟睡は、睡眠時間とは比例しません。

いくらたっぷり睡眠と取っても、
深い眠りについていなければ、
身体の疲れは取れません。

若さを保つ成長ホルモンを代表に、
身体を健康に保つ成分は、熟睡していなければ、分泌されません。

熟睡できていれば、身体の疲れも取れて、
思考力や行動力の向上と、活力ある毎日が送れるようになります。

熟睡できて簡単な疲れの取り方〜低反発マットレスの体験談・評価・感想

以前の私は、一度に3時間程度しか寝られず、
少し寝ては起きる、の繰り返しでした。

当然、身体の疲れは取れないばかりか、
頭がボーっとして、仕事でも失敗が多くなりました。

 

低反発マットレス、トゥルースリーパーが、自宅に届く

そんな時、友達にすすめらたのが、
低反発マットレスのトゥルースリーパープレミアムです。

当時の私は、

「いくらテレビショッピングで人気だからといって、
本当に熟睡できるのか?」

という疑問が消えませんでした。

しかし、実際に寝てみること、
私の考えは、間違っていたことに気付かされました。

 

 

トゥルースリーパーに、負荷が掛かった時の沈み具合

まず、最初に感じたのは、

「身体の形にピッタリ吸い付いてくれるような感触で、 それでいて、決して不快では無い。」

というものです。

 

 

 

 

自分の部屋に、低反発マットレスを敷いたところ

最初に試してみた日から、
今まで3時間程度で必ず目が覚めていたのが、
朝まで1回、目が覚めたかどうか・・・。
という結果でした。

翌朝、目覚めていると、
いつも感じていた、まぶたの重み、身体の疲労感が、スッキリして身体が軽くなり、やる気が満ちてきました。

仕事に行けば、頭が冴えるので、
今まで以上の仕事ができるようになり、
まるで、本来の自分に戻ったような錯覚に見舞われました。

 

 

しかし、本当に低反発マットレスだけで、
身体はこんなにも変わるものなのか、
と、嬉しい体験をすることができました。

 

だから、言いたい。

もしあなたが、「身体の疲れが取れない」と感じているなら、
愛用者170万人突破と大人気の、トゥルースリーパープレミアムを試してみてください。


寝てみないと、本当の良さはわかりません。


気軽に試せる60日間の返金保証で、安心して試せます。
キャンペーン中に加えて、送料無料なのでお得です。

 

敷布団派の人には、
厚さ7cmの「トゥルースリーパーコンフォート 低反発ふとん」がおすすめです。

トゥルースリーパーコンフォート 低反発ふとん

 

 

身体の疲れを取るためには、適切な栄養補給と、疲れを取る働きをする成長ホルモンの分泌を促す、熟睡できる寝具選びが大切です。熟睡するためには、睡眠途中の覚醒(目覚め)の回数を減らすことが重要です。就寝中に目覚める一番の原因は、寝返りです。寝返りで起きてしまった経験は、誰にでもあると思いますが、自分では気付いていない寝返りでも、無意識に起きてしまっています。睡眠で身体の疲れを取り、疲労回復を促すには、寝返りの回数を少なくして、例え寝返りをしたとしても、目覚めることの少ない寝具を選ぶようにすることです。安眠できる低反発マットレスは数多く販売されているので、どんな寝具を選んだら良いのかわからないのではないでしょうか。そこで、私が試してみて満足できた低反発マットレスを、評価や体験談を交えながら、解説したいと思います。